沖縄結婚式両親の服装【レンタル】

【沖縄結婚式】両親の服装をレンタルするときのアドバイスと提案

【沖縄結婚式】両親の服装をレンタルするときのアドバイスと提案

 

沖縄でのリゾートウェディングは、一般的な結婚式と異なるスタイルが求められる場合があります。特に両親の服装に悩むことが多いでしょう。一度しか利用しないものだから、「レンタルでコストを抑えたい」とお考えの方に向け、レンタル方法やレンタルショップの紹介、また、フォーマルな場にふさわしい服装や、カジュアルな場での適切なスタイルについて、アドバイスや提案をしていきたいと思います。

沖縄結婚式で両親の服装をレンタルする場合 MuuMuu Aloha
MuuMuu Aloha typeA ブラックとコーラルを利用

 

目次 

1.沖縄リゾートウエディングの特徴

  1-1リゾートウエディングの魅力と特徴

  1-2チャペルやロケーションの魅力

  1-3沖縄観光とウエディングの楽しみ方

2.リゾート婚に参列する両親の服装

  2-1フォーマルな場合の服装パターン(男性と女性の場合別の服装スタイル)

  2-2カジュアルな場合の服装パターン(男性と女性の場合別の服装スタイル)

  2-3親の服装に関する相談と衣裳費用

3.新郎新婦との相談と服装の調整方法

  3-1重要性と服装の調整方法

  3-2レンタルと購入の比較と衣裳費用の負担について

4.親の服装に関するマナーと注意点

  4-1リゾート婚での親の服装選びのマナーと注意点

  4-2両家の服装の格合わせの重要性

5.招待状のドレスコードや結婚式に参列する親族のマナー

  5-1ドレスコードやマナーについて

6.レンタル衣装と結婚式の服装

  6-1かりゆしウェアやレンタル衣装の種類

  6-2レンタル衣装のマナーと着こなし方

  6-3レンタルショップの紹介

7.参考リンク(その他の記事)


 

 

 

 

1.沖縄リゾートウエディングの特徴

 

1-1リゾートウエディングの魅力と特徴

沖縄リゾートウエディングは、国内外から多くのカップルに人気のある選択肢です。その魅力は、何といっても美しい自然環境と独自の文化にあります。青い海と白い砂浜、南国の豊かな自然が広がる沖縄は、結婚式のロケーションとして最高の舞台を提供します。温暖な気候のため、季節を問わず挙式が可能で、ゲストもリラックスした雰囲気の中で祝福の時間を過ごせます。

 

沖縄のリゾートウエディングは、一般的な結婚式とは異なり、よりカジュアルでリラックスしたスタイルが特徴です。ドレスコードも柔軟で、新郎新婦やゲストが気軽に楽しめるアロハシャツやかりゆしウェアが推奨されることも多いです。また、沖縄独自の伝統文化を取り入れた演出や、地元の食材を使った料理も魅力の一つです。

沖縄結婚式でリラックスして過ごす家族
MuuMuu Aloha typeA サーモンピンクとディープブルー利用

 

1-2チャペルやロケーションの魅力

沖縄には数多くの美しいチャペルがあります。それぞれが異なる魅力を持ち、カップルの希望に応じて選ぶことができます。例えば、「ザ・ヨミタンリゾート アクアグレイス・チャペル」は、海とビーチを一望できる絶好のロケーションにあり、挙式後には美しいサンセットをバックに写真撮影が楽しめます。

 

「アラマンダ チャペル」は宮古島に位置し、喧騒から解き放たれた静かなガーデンの中で厳かなセレモニーを行うことができます。このチャペルは、南国の植物に囲まれたバージンロードが特徴で、自然の美しさを最大限に生かした挙式が可能です。

 

■沖縄の結婚式場をお探しの方はこちらのブログもチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

沖縄結婚式場リゾートウェディング完全ガイド

 

また、沖縄本島だけでなく、石垣島や宮古島などの離島にも魅力的なロケーションが多数存在します。これらのロケーションでは、観光と組み合わせたウェディングプランが充実しており、挙式と同時にリゾート滞在も満喫できるため、ゲストにとっても特別な思い出になるでしょう。

沖縄結婚式
MuuMuu Aloha typeA ブルーを利用

 

1-3沖縄観光とウエディングの楽しみ方

沖縄でのリゾートウエディングは、挙式だけでなく観光も楽しめるのが大きな魅力です。挙式後には、新婚旅行として沖縄の観光スポットを巡るのがおすすめです。美ら海水族館や首里城公園などの有名な観光地はもちろん、離島への小旅行やマリンスポーツなど、豊富なアクティビティが楽しめます。

 

特に沖縄の離島は、手つかずの自然が残る美しいビーチや独自の文化を体験できるスポットが多く、新婚旅行にぴったりです。また、沖縄ならではのグルメも堪能できます。沖縄そばやゴーヤチャンプルー、泡盛など、地元の味覚を楽しむことができます。

 

沖縄リゾートウエディングは、挙式という一生に一度のイベントを、最高のロケーションとリラックスした雰囲気で楽しめるだけでなく、その後の新婚旅行や観光も充実しているため、多くのカップルに選ばれています。美しい自然、文化、食を堪能しながら、特別な時間を過ごすことができる沖縄リゾートウエディングは、まさに理想の結婚式の形と言えるでしょう。

 

沖縄結婚式の合間に美ら海水族館を観光

 

 

2.リゾート婚に参列する両親の服装

 

リゾート婚は、その特別なロケーションとリラックスした雰囲気が魅力です。しかし、その一方で両親の服装について悩むことも多いですよね。リゾート婚での服装選びは、結婚式のスタイルや場所、天候などを考慮する必要があります。ここでは、フォーマルな場合とカジュアルな場合の服装パターンについて詳しくご紹介します。

 

2-1フォーマルな場合の服装パターン

<男性の場合>

フォーマルなリゾート婚では、男性の父親はダークスーツ(燕尾服)が一般的です。黒、ネイビー、ダークグレーなどの色合いが適しています。シャツは白が基本で、ネクタイやポケットチーフで少しカラーを取り入れると華やかさが増します。

 

父親のフォーマルな服装

<女性の場合>

母親のフォーマルな服装は、洋装の場合、エレガントなドレスやロングドレス、和装の場合、黒留袖が主流です。ただし、リゾートウェディングでは、あまり和装はお勧めしません。リゾートの雰囲気には馴染まないからです。ドレスの場合、色合いはパステルカラーやネイビー、エメラルドグリーンなど、落ち着いた色が好まれます。ドレスに合わせて、ボレロやストールを羽織ることで、挙式の雰囲気に合わせたスタイルに仕上げることができます。また、アクセサリーも控えめでありながら上品なものを選ぶと良いでしょう。

両親のフォーマルな服装

 

2-2カジュアルな場合の服装パターン

<男性の場合>

カジュアルなリゾート婚では、かりゆしウェアやアロハシャツが人気です。これらは沖縄の伝統的な装いであり、リゾートの雰囲気にぴったりです。カジュアルでありながらも品のあるデザインや柄を選ぶことで、適度なフォーマル感を保つことができます。ボトムスはリネンパンツやチノパンツが適しています。

 

<女性の場合>

母親のカジュアルな服装としては、かりゆしワンピースやリゾートドレスがおすすめです。これらの服装は涼しげで快適でありながら、華やかさも兼ね備えています。色鮮やかなフローラル柄や南国風のデザインが人気です。サンダルや軽めのヒールを合わせることで、リゾートの雰囲気にマッチするスタイルが完成します。

沖縄結婚式で両親が着るレンタル衣装
MuuMuu Aloha typeA オーシャンブルーを利用

 

2-3親の服装に関する相談と衣裳費用

親の服装を決める際には、新郎新婦との相談が欠かせません。結婚式のテーマや色合い、場所に応じて、両親の服装が統一感を持つように調整することが重要です。特にフォーマルな結婚式では、両家の服装のバランスを考える必要があります。カジュアルなリゾート婚でも、全体の雰囲気に調和するようなスタイルを選ぶことが求められます。

 

また、衣裳費用についても事前に話し合っておくと安心です。レンタルか購入かを検討する際、それぞれのメリットとデメリットを理解することが重要です。レンタルの場合は、一度きりの使用で済むためコストを抑えられますが、サイズやデザインの選択肢が限られることもあります。一方、購入の場合は、好みのデザインやサイズを選べますが、費用がかかる上に、保管やクリーニングの手間も増えます。

 

親の服装を整える際には、季節や天候、挙式の時間帯なども考慮し、快適で適切なスタイルを選びましょう。リゾート婚は特別な一日をより特別に演出するための大切な要素ですので、慎重に選ぶことが大切です。

 

 

3.新郎新婦との相談と服装の調整方法

 

3-1重要性と服装の調整方法

リゾートウェディングを成功させるためには、新郎新婦との綿密な相談が欠かせません。特に、親の服装については、結婚式のテーマや雰囲気に合わせた統一感が重要です。新郎新婦との相談を通じて、結婚式の全体像を把握し、親の服装がどのようにフィットするかを確認しましょう。

 

まず、新郎新婦に結婚式のテーマカラーやスタイルについて質問します。例えば、ビーチリゾートがテーマの場合、爽やかなブルーや白を基調とした服装が適しています。一方、ガーデンウェディングならば、自然に溶け込むグリーンや花柄の服装が合うでしょう。また、フォーマルな結婚式の場合、親も正礼装や準礼装を選ぶ必要があります。

 

次に、新郎新婦と親の服装の具体的な選択肢について話し合います。父親の服装はスーツやタキシードが一般的ですが、リゾートウェディングの場合、かりゆしウェアやアロハシャツといったカジュアルな選択肢も考慮できます。母親の服装もドレスやワンピースの選択肢を広げ、テーマやスタイルに合わせた色やデザインを選びます。

沖縄結婚式での新婦と父親入場シーン。父親はアロハシャツを利用
MuuMuu Aloha typeA オーシャンブルーを利用

 

3-2レンタルと購入の比較と衣裳費用の負担について

親の衣裳を準備する際には、レンタルと購入のどちらを選ぶかも重要なポイントです。それぞれにメリットとデメリットがあるため、慎重に検討する必要があります。

 

<レンタルのメリット>

コストが抑えられる:一度きりの使用であれば、購入するよりも費用を抑えられます。

クリーニングの手間が不要:使用後のクリーニングが不要で、返却するだけで済みます。

トレンドに合わせやすい:最新のデザインやトレンドに合わせた衣裳を選べます。

 

<レンタルのデメリット>

選択肢が限られる:サイズやデザインの選択肢が限られる場合があります。

フィット感が完璧ではない:オーダーメイドのような完璧なフィット感は期待できません。

 

<購入のメリット>

好きなデザインを選べる:自分の好みやテーマにぴったり合ったデザインを選べます。

サイズがぴったり:オーダーメイドや調整が可能なため、フィット感が良いです。

記念に残る:結婚式の思い出として、後に手元に残せます。

 

<購入のデメリット>

コストが高い:一度きりの使用であっても、購入費用が高くなることがあります。

保管とメンテナンス:使用後の保管やクリーニング、メンテナンスの手間がかかります。

衣裳費用の負担についても事前に新郎新婦と話し合うことが重要です。どちらが費用を負担するのか、あるいは分担するのかを明確にしておくことで、後々のトラブルを避けることができます。

 

親の服装を決める際には、新郎新婦とのコミュニケーションを大切にし、結婚式のテーマや雰囲気に合ったスタイルを選びましょう。レンタルと購入のメリット・デメリットを理解し、最適な選択をすることで、特別な一日をさらに素晴らしいものにすることができます。

 

 

4.親の服装に関するマナーと注意点

 

4-1リゾート婚での親の服装選びのマナーと注意点

リゾートウェディングはその名の通り、リゾート地で行われる結婚式で、通常の結婚式とは異なる特別な雰囲気が魅力です。しかし、そのリラックスした雰囲気の中でも、親の服装選びには特有のマナーと注意点が存在します。

 

まず、リゾート婚での親の服装選びにおいて最も重要なのは、結婚式のテーマや場所に合わせた服装を選ぶことです。リゾート地特有のカジュアルさとフォーマルさのバランスを保つことが求められます。たとえば、ビーチウェディングでは、かりゆしウェアやアロハシャツ、リゾートドレスが適しています。一方、ガーデンウェディングやチャペルウェディングでは、もう少しフォーマルな装いが必要です。

沖縄結婚式での新郎新婦両親の服装
MuuMuu Aloha typeA ホワイト×ネイビー×スカイブルーを利用

 

親の服装は、新郎新婦の服装と調和することも大切です。新郎新婦がフォーマルな装いを選ぶ場合、親もそれに合わせてフォーマルな服装を選ぶことが多いです。逆に、カジュアルな装いを選ぶ場合は、親もカジュアルなスタイルで統一するのが良いでしょう。この統一感が結婚式全体の雰囲気を一層引き立てます。

 

4-2両家の服装の格合わせの重要性

リゾートウェディングにおいて、もう一つ重要な点は、両家の服装の格を合わせることです。これは、結婚式の写真やビデオにおいて、両家の親が調和した姿を見せるためにも重要です。

 

具体的には、両家の父親が同じようなフォーマルさのスーツを着用し、母親も同様にフォーマルなドレスを選ぶことが理想的です。たとえば、一方の父親がタキシードを着用し、もう一方がカジュアルなシャツとパンツではバランスが取れません。同じように、一方の母親が豪華なロングドレスを着用し、もう一方がシンプルなワンピースでは、不釣り合いになってしまいます。

 

また、色合いも統一することが大切です。両家の親があまりに異なる色を選んでしまうと、写真撮影時に違和感が生じることがあります。新郎新婦のテーマカラーや、結婚式のカラーコーディネートに合わせた色を選ぶと良いでしょう。

 

さらに、親の服装に関しては、事前に新郎新婦とよく相談することが大切です。結婚式のテーマやスタイル、新郎新婦の希望を理解し、それに合わせた服装を選ぶことで、結婚式の一体感を高めることができます。新郎新婦からのアドバイスや要望を聞くことで、親自身も安心して結婚式に臨むことができるでしょう。

 

リゾートウェディングは特別な日をより特別なものにする素晴らしいイベントです。親の服装選びにおいても、適切なマナーと注意点を守り、新郎新婦と両家の調和を図ることで、最高の思い出を作ることができます。

沖縄結婚式での両家・両親の服装
MuuMuu Aloha typeA サーモンピンクを利用

 

 

5.招待状のドレスコードや結婚式に参列する親族のマナー

 

5-1ドレスコードやマナーについて

リゾートウェディングに招待された際、招待状に記載されているドレスコードをしっかり確認することが重要です。ドレスコードは結婚式のテーマや形式に応じて異なり、フォーマル、セミフォーマル、カジュアルなどがあります。特にリゾートウェディングでは、リラックスした雰囲気に合わせたカジュアルな服装が求められることが多いです。

 

男性は、かりゆしウェアやアロハシャツ、リネン素材のシャツなどが適しています。女性は、リゾートドレスやカジュアルなワンピースが一般的です。いずれも軽やかで涼しげな素材を選ぶと良いでしょう。ただし、あまりにカジュアルすぎる短パンやビーチサンダルは避けるべきです。

 

親族として結婚式に参列する場合、服装だけでなくマナーも大切です。挙式中は静かに見守り、写真撮影やビデオ撮影は控えめにしましょう。また、新郎新婦や他のゲストとの会話では、過度に自分の意見を押し付けず、リスペクトを持った対応を心がけます。

 

リゾートウェディングでは、楽しい雰囲気とともに、フォーマルな場面でもあることを忘れず、適切なドレスコードとマナーを守ることが、新郎新婦への最大の敬意となります。

沖縄結婚式での親族の服装
MuuMuu Aloha typeA ディープブルーを利用

 

 

6.レンタル衣装と結婚式の服装

リゾートウェディングはその美しいロケーションとリラックスした雰囲気が魅力ですが、ゲストや親族の服装選びは少し異なるルールが求められます。特に、沖縄でのリゾートウェディングでは、かりゆしウェアやレンタル衣装が人気です。ここでは、かりゆしウェアやレンタル衣装の種類、そしてそのマナーと着こなし方について解説します。

 

6-1かりゆしウェアやレンタル衣装の種類

<かりゆしウェア>

かりゆしウェアは、沖縄特有のリゾートウェアで、リゾートウェディングには最適な選択肢です。かりゆしウェアは、アロハシャツに似たデザインで、鮮やかな色合いや独特の柄が特徴です。男性用はシャツスタイル、女性用はワンピースやブラウスなどがあります。かりゆしウェアはフォーマルからカジュアルまで幅広いスタイルに対応できるため、多くのリゾートウェディングで選ばれています。

沖縄結婚式におすすめなかりゆしウェア
かりゆしMAJUN 水浅葱色 MuuMuu Aloha

 

<レンタル衣装の種類>

レンタル衣装の選択肢も豊富です。以下は、主なレンタル衣装の種類です。

 

かりゆしとワンピース:沖縄での結婚式には理想的な衣装です。リゾートらしさと沖縄らしさを兼ね備えています。

アロハシャツとムームー:カップルや親族がペアで着用することができ、統一感を持たせることができます。

キッズ用のアロハシャツやムームー:子どももリゾート気分を楽しむことができるかわいらしいデザインが揃っています。

リゾートドレス:女性用には、リゾートらしい華やかなドレスが豊富にあります。エレガントなデザインからカジュアルなものまで、幅広く選べます。

タキシードやフォーマルスーツ:フォーマルな結婚式に対応するためのレンタルも可能です。

 

■レンタルオンラインショップ「MuuMuu Aloha」はこちらから↓

 

ハワイ、グアム、沖縄結婚式参、リゾートウエディング参列者の衣装はアロハシャツが正装です。アロハシャツムームーのレンタルショップ、ムームーアロハです。

 

 

6-2レンタル衣装のマナーと着こなし方

リゾートウェディングにおけるレンタル衣装のマナーと着こなし方を理解することは、ゲストとしての礼儀を守るために重要です。

 

1)ドレスコードの確認

まず、招待状や新郎新婦からの案内で、ドレスコードを確認しましょう。リゾートウェディングでは、カジュアルな装いが許容されることが多いですが、フォーマルな場面もあります。例えば、ビーチウェディングではカジュアルなかりゆしウェアが適していますが、チャペルでの挙式ではフォーマルな服装が求められることがあります。

 

2)サイズとフィット感

レンタル衣装を選ぶ際には、サイズとフィット感を重視しましょう。特にかりゆしウェアやドレスは、体に合ったサイズを選ぶことで、見た目も美しく、着心地も快適です。事前に試着するか、レンタル業者のサイズガイドを参考にして選びましょう。

 

3)アクセサリーと靴の選び方

アクセサリーや靴も重要なポイントです。かりゆしウェアにはシンプルなアクセサリーを合わせるとバランスが取れます。女性の場合、リゾートドレスにはサンダルやウェッジヒールが合います。男性は、リネン素材のパンツやカジュアルなローファーが適しています。

 

4)清潔感とメンテナンス

レンタル衣装は清潔感を保つことが重要です。着用後は、指示に従ってクリーニングや返却手続きを行いましょう。返却前にシミや汚れがないか確認し、丁寧に扱うことがマナーです。

 

5)場所や時間帯に合わせた選び方

リゾートウェディングでは、場所や時間帯に合わせた服装選びが求められます。日中の屋外での結婚式では、軽やかで通気性の良い素材の衣装が適しています。夜のフォーマルなパーティーでは、少し華やかな装いに切り替えると良いでしょう。

 

リゾートウェディングでの服装は、特別な日をさらに華やかにするための重要な要素です。かりゆしウェアやレンタル衣装を上手に選び、マナーを守って素晴らしい一日を過ごしましょう。

 

6-3 レンタルショップの紹介

 

<フォーマル>

□hare:kari AOYAMA

hare:kari AOYAMAは洋服の青山のオンラインショップです。

・基本の利用期間・・・5日間(返送日込み)

・延長料金・・・延長システムは特になく、返却が遅れると1日あたり2,000円の延滞金が発生。

・サイズ変更・・・サイズ変更のシステムはなく、一部店舗によるサイズ合わせが可。

・金額・・・モーニング 16,500円~、ミセスドレス  9,900円~

・送料・返送料・・・往復無料

hare:kari AOYAMA公式サイトはこちらをクリック

 

<カジュアル>

■リゾートクローゼット

リゾートクローゼットは店舗を持たないオンラインショップです。

・基本の利用期間・・・国内だと6日間(返送日込み)、海外だと7日間(返送日込み)。利用日(出発日)の4日前に商品をお届け。

・延長料金・・・1日あたり1200

・サイズ変更・・・可

・金額・・・シャツ 3,980円~、ワンピース 4,980円~、小物 200円~

・送料・返送料・・・往復無料 ※沖縄からの返送は別途1,000円かかります。

 

リゾートクローゼット公式サイトはこちらをクリック

 

Anne

Anneは沖縄に店舗を構えるオンラインショップです。

・基本の利用期間・・・3日間、受け取り場所や受け取り方法により、前後数日間の余裕あり。

・延長料金・・・1日あたり1300円、小物100

・サイズ変更・・・不可

・金額・・・シャツ 2,500円~、チュニック 2,500円~、ワンピース 3,500円~、小物 200円~

・送料・返送料・・・お届け場所に変わる。直接来店受取・返送可。

 

Anne公式サイトはこちらをクリック

 

MuuMuu Aloha

当店、MuuMuu Alohaは店舗を持たないオンラインショップです。

・基本の利用期間6日間。利用日(出発日)の4日前に商品をお届け。帰宅の翌日(7日目)に商品を返送。

・延長料金・・・200

・サイズ変更・・・可

・金額・・・シャツ 1,100円、ワンピース 3300円~

・送料・返送料・・・3,900円以購入の場合 送料無料、3,900以下購入の場合 送料385円。返送料お客様負担。

 

MuuMuu Aloha公式サイトはこちらをクリック

 

ハワイ、グアム、沖縄結婚式参、リゾートウエディング参列者の衣装はアロハシャツが正装です。アロハシャツムームーのレンタルショップ、ムームーアロハです。
 

 7.参考リンク(その他の記事)

沖縄の結婚式

かりゆしウェア

その他

  • 沖縄 グルメ情報(本島南部)(※作成予定)
  • 沖縄 グルメ情報(本島中部)(※作成予定)
  • 沖縄 グルメ情報(本島北部)(※作成予定)
  • 沖縄 最新観光情報(※作成予定)
  • 沖縄 お土産情報(※作成予定)
  • 沖縄 天気予報
  • 沖縄 服装 リスト(※作成予定)
  • 国内旅行傷害保険
ブログに戻る